トピックス


契約書を公正証書にした時の利点は

賃貸借契約を締結する時に、費用をかけてまで公正証書にする価値はあるのでしょうか。

先に大きな利点を言いますと、
滞納家賃、損害金などの金銭債務を怠った際に、強制執行が可能となります!

公正証書の原本は公正役場に厳重に保管されますので、条文に対しての言い逃れや紛失の際にも安心です。
それほど費用もかからないので、賃料不払いの事故などの不安があるときには有効な手段です。

ここで注意です。

金銭債務には強制執行が可能ですが、契約終了後の明渡しは強制執行ができませんのでご注意ください!

このブログ記事について

このページは、大和住宅株式会社が2014年4月20日 16:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「すまい給付金の申請で、消費税率引き上げの負担を減らしましょう」です。

次のブログ記事は「退去時にハウスクリーニング費用を借主負担にする特約とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ